glass&rask
みんなのリアルな声が満載! アンケート集計結果 みんなの本音から、仕事さがしが見えてくる!さまざまなテーマでお答えいただいたアンケートの集計結果レポートです!
今回のテーマ『「役に立ったアドバイス」について』2012年8月1日(水)~2012年9月3日(月)、回答数:1364名、役に立ったアドバイスを受けたことのある人は54%。受けたアドバイスの1位は「仕事の進め方について」で59%。
今回は役に立ったアドバイスについてお伺いしました。役に立ったアドバイスを受けたことのある人は54%。受けたアドバイスの1位は「仕事の進め方について」で59%、2位「仕事への姿勢について」53%となりました。具体的なスキルに関するものよりも、仕事に対する取り組み方や考え方についてのアドバイスが役立ったと感じられているようです。

また、コメントの中には具体的なアドバイスの内容が多数寄せられています。ぜひチェックしてみてください。今回も、アンケートへの多数のご参加、ありがとうございました!
Q1.仕事をするにあたって役立ったアドバイスを受けた経験はありますか?
ある:54%、ない:46%
Q2.Q1で「ある」と回答された方に伺います。
【a】誰から受けたアドバイスが役立ちましたか?(複数回答可)上司:57%、先輩:54%、同僚:28%、講師:22%、両親:22%、兄弟:12%、友人:6%、恋人:4%、その他:5%
その他の回答より

同業者(ぴありさん/35才/女性)

紹介会社の担当者(むらまささん/42才/男性)

お客様(ゆうきんさん/47才/男性)

【b】どんなことについてアドバイスをもらいましたか?仕事の進め方について:59%、仕事への姿勢について:53%、職場での人間関係について:39%、ビジネスマナーについて:33%、スキルアップについて:24%、転職について:11%、キャリアアップについて:8%、タスク管理について:4%、その他:4%
その他の回答より

飲み会について(しゃかさん/22才/女性)

資格取得(がしこさん/21才/女性)

契約について(blue-roseさん/39才/女性)

仕事の探し方(shionchanさん/56才/女性)

【c】受けたアドバイスについて具体的に教えてください。
 
上下関係や信頼関係の築き方(Tokyo ESPNさん/29才/男性) 転職に有効な資格について(りんころさん/32才/女性)
どんな時も目標を持ちそれに対してどう努力するか(ゆうさん/32才/男性) 人間関係は自分で築く。楽しさは自分で探す。(まっつんさん/23才/男性)
段取りよく仕事を進める方法(ゆうくんさん/47才/男性) 1つ1つの仕事のつながり(きらぴかさん/43才/女性)
飲食店だったので、お客様に対する言葉遣いから姿勢まで事細かく教えていただいた。(りなちゅんさん/23才/女性) バイトも仕事。お客さんからみたら新人も社員もバイトもみんな一緒だよ。(もっちさん/18才/女性)
新人の頃は、上司と営業回りをしていたので、営業のコツ、理念などを教えてもらいました。既存顧客を最優先に、答えはすべてイエスと答え、提案は相談をもらったその日のうちに行うスピード提案など、顧客サービスについても教わりました。(サニエさん/35才/女性) 期日までにお願いしたいことは、余裕をもって、繰り返しアナウンスをすると良いということ。うまく出来たときは、なぜそうできたか。逆にうまくいかなかったときは、原因は何か。常に考え、メモをしておくということ。指摘されたことはメモをして後で読み返すこと。(ぴのさんさん/26才/女性)
病院内での患者さんに対する接し方や、個々の方々によって話し方などを変えたり、目線を合わせたり、口先だけでなく、身体にふれて話を聞いたりすると、患者さんの気持ちが少し和らいだりすることを教えてもらいました。(なつをさん/40才/女性) 数年前にスキルアップの方向性について上司から助言を頂いた。新しい分野に手を出すのではなく、今まで培った知識に肉付けをするように言われた。同じ業界で下積みをした結果、今では自信をもって仕事を選べるようになった。(ひろちさん/38才/女性)
何でも謝ればいいわけではない。相手の言い分をしっかりと聞き受け止め、相手が何を求めているのかを考える。(雪ん子さん/22才/女性) 自分の強みを自分の経歴に即して話す事、弱みは強みにもなる事を話すなど。(セブンさん/39才/女性)
アルバイトのさなか、正社員を目指し就職活動をしていて、喜怒哀楽の激しかった私。先輩から頂いた言葉・・・「雇用形態にこだわることはない。大切なのは仕事への姿勢だよ。私はちゃんと評価しているし、正社員にも負けないスキルを身につけてることに誇りを持って」この一言で、正社員にこだわり、世間の目を気にしすぎていた自分が恥ずかしくなると同時に、肩の荷が軽くなった(なちゅみんさん/24才/女性) 以前上司から、人生においては、自分が苦手、不得意と思っていることに対して、真っ向勝負するのが大事だけれど、「仕事」というのは苦手を克服する(一人だけの戦い)ではなく、自分の得意分野を広げて、会社や社会に対して価値ある人間になっていくのが重要だということを教えてもらいました。(アメジストさん/30才/女性)
子供がいる状態での就活だったので、周囲に相談したところ、自分のできる範囲をちゃんとわかってから職場を決めなさいと言われた(さおりのすけさん/27才/女性)
Q3.今後どのようなアドバイスを受けたいと考えていますか?
仕事の進め方について:42%、職場での人間関係について:38%、ビジネスマナーについて:35%、キャリアアップについて:34%、仕事への姿勢について:28%、転職について:21%、タスク管理について:12%、その他:4%
その他の回答より

子育てと仕事の両立(まゆさん/30才/女性)

資格取得について(柏もちさん/38才/女性)

自分のどの能力が必要とされているのか(dereppoさん/50才/男性)

アドバイスを受けるのではなく私が後者へ繋いで行きます。(あきたんさん/46/女性)

集計結果トップページへ
プレゼント当選者発表へ実施中のアンケートへ