アンケート集計結果
今回のテーマ
「最近の求人状況」について
期間:2015年10月29日(木) ~ 2015年11月25日(水)
回答者:309名
求人状況が「以前より良くなっている」と回答した人は28%。「厳しくなっている」の割合を上回るも、割合は1年前とほぼ変わらず。
今回は「最近の求人状況」についてお伺いしました。最近の求人状況について、「以前より良くなっている」と回答した方は28%。これは「以前より厳しくなっている」の20%を上回る結果でしたが、その割合は1年前とほぼ変わりませんでした。

また、時給や月給についての実感を伺ったところ、「以前と比べて上がっている」と回答した人は27%と、求人状況が「良くなっている」の割合とほぼ同数でした。その一方で、「以前と比べて下がっている」と答えた方は13%に留まり、求人状況が「厳しくなっている」の割合よりも下がる結果となりました。

求人状況が「厳しくなっている」と感じるポイントでは、「選考に通過しづらくなっている」が最も多くの支持を集めるなど、時給の上昇によってたくさんの応募が集まってしまい、選考に通過しづらい状態になっていると言えそうです。

本文では、その他のポイントについてもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

今回もアンケートへのご参加、ありがとうございました。現在開催中のアンケート&プレゼントでも、あなたのご参加をお待ちしております!
Q1
現在の就業状況を教えてください。
アルバイト・パートで就業:33%、求職中:33%、派遣社員で就業:11%、正社員で就業:10%、契約社員で就業:4%、自営業・フリーランス:4%、その他:5%
その他の回答より

学生(なぽり/23歳/女性)

主婦(Wa37/28歳/女性)

正社員での勤務が内定している(みん/30歳/女性)

Q2
最近の求人状況をどのように感じていますか?
就業形態別グラフ
Q3
Q2で「以前より良くなっている」と回答された方に伺います。
良くなったと感じるのは、特にどんなところですか?(複数回答可)
求人情報の件数が増えている:32%、勤務日数や時間などの条件が緩和されている:19%、時給や月給が上がっている:18%、交通費支給などの待遇や福利厚生などが良くなっている:13%、募集人数が多くなっている:9%、求められる資格や経験、スキルが緩和されている:7%、選考に通過しやすくなっている:1%、その他:1%
その他の回答より

クリスマスや年末にむかっての求人が増えた。(マクダフ夫人/30歳/女性)

よろしければ、具体的に教えてください。(任意)

主婦層でも、気軽にトライ出来るものが増えているように思います。未経験歓迎、時間日数応相談など。(ねこきち/34歳/女性)

こんな仕事もあるんだ!?という、バラエティーに富んだ情報が載っている。(沙羅/39歳/女性)

未経験や高卒でも大丈夫な所が増えてきてしかも条件も良い。(SAORI/25歳/女性)

Q4
Q2で「以前より厳しくなっている」と回答された方に伺います。
厳しくなったと感じるのは、特にどんなところですか?(複数回答可)
グラフ選考に通過しづらくなっている:27%、求められる資格や経験、スキルが厳しくなっている:17%、求人情報の件数が減っている:16%、交通費支給などの待遇・福利厚生などが厳しくなっている:14%、時給や月給が下がっている:13%、勤務日数や時間などの条件が厳しくなっている:10%、その他:3%
その他の回答より

同じような職種、以前と同じような求人が多い(えこえこあざらし/33歳/男性)

正社員の求人情報が減ってるから。(ぱん/35歳/女性)

よろしければ、具体的に教えてください。(任意)

案件数は増えているように見えるが複数の派遣会社が同じ案件を取り扱っているらしく案件数が多く見えるが実際の規模案件数に変わりが無いと感じるのと、企業が派遣社員に求めるスキルが上がっていると感じるからです。(ジョジヨ/37歳/男性)

良い条件のものだと、説明会で登録後に派遣会社で選考されることが多い(しんばる/35歳/女性)

昔に比べ時給が安い。家庭教師や塾講師のバイト。(しゅう/19歳/男性)

Q5
時給や月給について、実感に最も近いものを教えてください。
就業形態別
Copyright © 2019 en-japan inc. All Rights Reserved.